ウゴパンとは? ウゴパンのバックナンバー ウゴパンのニュース記事をピックアップ こくしかん人図鑑 ウゴパンの設置場所 ウゴパンに関するお問い合わせ 国士舘大学ホームページ

HOMENEWS INDEX→ARTICLE

ウゴパンに掲載された話題のニュース記事をピックアップして公開!

天皇退位をきっかけに知っておきたい!

皇位継承問題でよく聞く「男系天皇」とは?

 天皇陛下が生前退位のご意向を示したことで、皇位継承問題がマスコミをにぎわせている。将来、天皇を継げる男子が秋篠宮家の悠仁様しかいない今、天皇家の家系が途絶えてしまう可能性があるからだ。でも、「どうして女性が天皇を継いだらいけないの?」という疑問を持つ人も多いだろう。そこで、天皇制にくわしい政経学部政治行政学科の百地章特任教授に聞いた。

 「歴史上の天皇は必ず“男系”天皇が継承してきました。男系というのは、天皇の父方の家系を遡っていくと必ず神武天皇に行き着く系譜を指します。お父様が天皇家の血を継ぐ方であれば、女性が天皇になっても男系天皇になるのです。ただし、仮に女性天皇が民間人から婿を迎えて、その子どもが天皇を継承すると、そこではじめて“女系”になります」。

 男系と女系の区別には誤解が多い。歴史上にも女性天皇はいたが、在位中に結婚することはなく、必ず男系の親族に継承し、血統を維持してきた。しかし、なぜそうまでして男系天皇にこだわらなくてはいけないのか?

 「世界の常識として、王室というのは男系で語られます。例えばイギリスではチューダー朝やヨーク朝のように、女王が王家とは別の家系の男性を婿に迎えたことで、王朝が変わっています。対して日本は、ずっと男系天皇なので、王朝が変わったことはありません。世界から見ても奇跡的な家系と呼べるでしょう」。

 歴史上、天皇家は何度か断絶の危機を迎えたことがある。しかしそのたびに10親等も離れた縁戚の男子に継承したり、男系宮家を創設するなどして乗り越えてきた。「天皇家が、世界で唯一無二の歴史を誇る背景には、この家系を途絶えさせまいと2千年以上も積み上げてきた努力があります。神社やお寺、あるいは七五三といった風習よりもはるかに古い伝統で、まさに日本の心。それを今、壊してしまうことに何の意味があるでしょうか」。

 天皇家の伝統を女性差別だという人がいる。しかし、どれだけの人が女性天皇と女系天皇の違いを理解しているだろうか? 女系天皇は2千年以上も紡がれてきた日本の歴史を覆すことになる。メディアの軽はずみな発言に踊らされず、正しい知識を持って議論することが大切だ。

※この記事はウゴパン47号(2017年12月14日発行)に掲載されたものです。

生前退位,皇位継承問題,百地章,神武天皇,世界の常識,奇跡的な家系,世界で唯一無二,日本の心,天皇家の伝統,女性差別,女系天皇,ウゴパン,ugopan,フリーペーパー,国士舘,ニュース,記事,立読み,教授,時事問題,トレンド,流行,公開,人気,大学,雑誌

(C)共同通信社/アマナイメージズ

83歳の誕生日(2016年12月23日)の祝宴であいさつされる天皇陛下。2017年6月に天皇陛下の退位を認める特例法が成立したが、皇位の安定継承策は現在も重要課題として議論されている。これを機会に「男系天皇」という日本古来の伝統について、よく考えてみよう。

百地章,特任教授,国士舘大学,憲法学

百地 章 特任教授

国士舘大学政経学部政治行政学科特任教授。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。博士(法学)。専門は憲法学。著書に『女子の集まる憲法おしゃべりカフェ』(監修)、『「女性宮家創設」ここが問題の本質だ!』(共著)など。

国士舘大学政経学部のページへ

© 2015-2017 Kokushikan University, All Rights Reserved.