ウゴパンとは? ウゴパンのバックナンバー ウゴパンのニュース記事をピックアップ こくしかん人図鑑 ウゴパンの設置場所 ウゴパンに関するお問い合わせ 国士舘大学ホームページ

HOMENEWS INDEX→ARTICLE

ウゴパンに掲載された話題のニュース記事をピックアップして公開!

BABYMETALがイギリスで大ヒット!!

日本のアイドル事情は今どうなってるの?

 一見すると、国内のアイドルブームは落ち着いたように見える。しかし、世界での日本アイドルへの評価は様変わりしているようだ。少女がメタルロックを歌うBABYMETALが、イギリスのアルバム・チャートで日本人史上最高位となる15位を記録。日本のアイドルから世界のアイドルへと変貌しつつある。いったい今のアイドル業界に何が起きているのだろうか? 自身も大のアイドルファンで、その変遷を追いつづけている文学部文学科の中村一夫教授に聞いた。

 「もともとアイドルは、ロックから演歌までもこなし、時には俳優や芸人のようなことも引き受けるカオスなタレントなのです。重要なのは、アイドルが“未完成で成長させたくなってしまう存在”であること。これは、古くから日本人に“育成のプロセス”を楽しむ傾向があるからです。例えば、盆栽や錦鯉も日本人独特の育成志向が文化へと発展したものでしょう。ファンにとっては“永遠の未完成”こそが愛しいのです」。

 AKBのような超メジャーアイドルは、マスメディアを通じてその成長する姿を露出することができる。一方で、中堅グループは伸び悩み、活動規模の縮小や解散へ追い込まれるケースも少なくない。そこで、小規模グループは大手メディアに頼らない戦略をとっている。最大の武器となるのが、音楽ジャンルの特化とSNSの活用だ。

 「BABYMETALは楽曲をメタルロックに一本化することで話題とニーズを生み出しましたが、ジャンルの特化は地下アイドルでも進んでいます。個人的にはこれをアイドルの“先鋭化”と呼んでいます。さらにSNSによって、その先鋭化したアイドルに一定のファンが集まる。小規模でもビジネスになるアイドルが多数生まれるようになったのです。小規模グループはAKBのような総合的アイドルではなく“断片化”することで成果をあげていると言えるでしょう」。

 先鋭化と断片化が生んだのは独自の個性を持ったアイドルグループたちだ。彼女たちはSNS上で数千人規模のフォロワーを獲得し、3千人規模のライブステージに立つこともある。そんな個性と“永遠の未完成”が結びつくかぎり、アイドル文化が途絶えることはないだろう。

※この記事はウゴパン43号(2016年6月30日発行)に掲載されたものです。

アイドル事情,BABYMETAL,先鋭化,未完成,育成,伝統,AKB,地下アイドル,SNS

ファンにとって“永遠の未完成”であることが愛おしい。そんな感性は古くから日本人に“育成のプロセス”を楽しむ傾向があるからだろう。BABYMETALは楽曲をメタルロックに一本化することでニーズを生んだが、ジャンルの特化は地下アイドルでも進んでいる。

国士舘大学,学長,佐藤圭一,アメリカ政治史

中村 一夫 教授

国士舘大学文学部文学科教授。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。専門分野は日本語学(平安・鎌倉時代)。著書に『源氏物語の本文と表現』(単著)、『日本文学どっとコム』(共著)など。推しは「BELLRING少女ハート」。

国士舘大学文学部のページへ

© 2015-2017 Kokushikan University, All Rights Reserved.