ウゴパンとは? ウゴパンのバックナンバー ウゴパンのニュース記事をピックアップ こくしかん人図鑑 ウゴパンの設置場所 ウゴパンに関するお問い合わせ 国士舘大学ホームページ

HOME→KOKUSHIKAN PEOPLE SAMPLE

国士舘大学在籍&卒業のちょっとスゴイ人にクローズアップ!その活躍と内に秘める素顔を紹介する人気連載をWEBで公開!

清水梨紗,なでしこジャパン,サッカー日本女子代表,美女,カワイイ,日テレ・ベレーザ,アスリート

に入るよう指示される。「その時は“えぇっ!?”って思いました」。その後、さらにポジションを下げられサイドバックに落ち着いた。花形のポジションから地味なディフェンダーへの転向に、不満はなかったのだろうか? 「いえ、今はむしろ感謝してます。自分の特徴を引き出してもらったんですから。あのままフォワードをやってたら、試合に出られなくなっていたかもしれないし」。

 所属する日テレ・ベレーザでは、なでしこジャパンで活躍するディフェンダーの岩清水選手や有吉選手とともにピッチに立つ。それは清水さんにとって、大きな励みであり誇りでもある。さらにフル代表のプレーを間近で見続けることで、自身を省みるきっかけも得ている。「自分も一つひとつのプレーに対して頑張っているつもりですが、岩清水さんや有吉さんはその上をいっているんです。1対1でボールを獲り合う迫力や、一つのプレーに対して突き詰める姿勢とか、全然違うんです」。そう語りながら清水さんは瞳を輝かせる。U−19を卒業すると、次はフル代表を目指さなければならない。彼女が目標としているのは、なでしこジャパン入りであり、「岩清水さんや有吉さんを超える選手になる」ことだ。彼女にとって、日の丸を背負って戦っている岩清水選手や有吉選手は、幼い頃になんでも真似をした“大好きな姉”のような存在なのかもしれない。

 

 

※この記事は2015年12月14日発行号のものです。

VOL.41 Shimizu Risa

清水 梨紗さん(21世紀アジア学部1年)

 

1996年6月15日生まれ。神奈川県立元石川高校出身。日テレ・ベレーザ右サイドバック。U−19 サッカー日本女子代表。「マイペースで急ぐことが苦手」という清水さん。話し方もおっとりしていて、チーム内ではいじられキャラとして先輩たちから可愛がられている。パンよりもご飯派で、好きな食べ物は「エビ!」。「自分のチーム、エビ好きが多いんですよ。遠征で泊まったホテルでご飯食べる時は、早めに行かないとエビだけなくなっちゃうんです」。

 清水さんは将来を期待されている女子サッカー選手。なでしこリーグの日テレ・ベレーザに所属し、U−19の日本代表にも選ばれている。女子とはいえ、世界を相手に戦う日本代表クラスともなれば、求められるフィジカルの強さも図抜けているはず。しかも清水さんはディフェンダー。ゴールめがけて押し寄せる相手選手をツブすのが仕事、という過酷なポジションである。ところが、撮影時にキャンパスを移動するその姿は、どこにでもいる女子学生にしか見えない。細身の体のどこに、世間の注目を集める「無尽蔵のスタミナ」や当たり負けない力強さが宿っているのか、不思議でならない。

 サッカーをはじめたきっかけは2歳違いの姉の存在だった。「お姉ちゃんが大好きで、なんでも真似してたんです。それで、お姉ちゃんが小学校3年で友達からサッカーに誘われた時に、一緒にはじめたんです」。年齢が近いこともあり、姉の存在は清水さんにとって大きかった。「大好き」という感情の中には、憧れとともに「負けたくない」という気持ちも絡み合っていた。スポーツ選手に不可欠な負けん気は、姉の後を追い続ける中で養われていったのだ。

 現在はディフェンダーだが、中学1年でメニーナに入った時はフォワードだった。それが中1のある日の練習試合で、突然監督からサイドハーフ

間近で見続けてきた日本代表の凄み――

日の丸を背負うその日を夢見て……。

清水梨紗,なでしこジャパン,サッカー日本女子代表,美女,カワイイ,日テレ・ベレーザ,アスリート,

© 2015-2017 Kokushikan University, All Rights Reserved.